マンショントラブル

ここでも懲りずに仙台で賃貸マンションを購入したと前提して話を進めましょう。 マンションである程度の利益を求めるのであれば、まず入居者を募り、そこから入居者が暮らす上で不満がでないように入居者の管理、設備のメンテナンスといったものが必要となってきます。聞くだけで大変そうだなー・・・と思う方は多いと思いますが、そこはなんとも便利な世の中。賃貸マンションの管理運営を生業とした企業もあるのでそれを頼ってみるのも一興かと。このページでは賃貸マンションの経営においてよくあるトラブルについてご説明します。仙台で一番のマンションを管理しましょう!!

トラブルに負けない管理人になるには

より多くのトラブルを経験することがよき賃貸マンションの管理人となるための近道です。とは言ってもすすんでトラブルを欲する人はいませんし、出来ることなら平穏無事、トラブルなしで経営したいですよね。よき管理人はトラブルの解決にも長けているものなので、ここは一つ修行と思って多くのトラブルを解決していきましょう。まず一番多いマンショントラブルは住人同士の騒音問題。音楽が好きな人が大音量で音楽を流していて、両隣に住む人が迷惑だと感じている場合、管理人はどうするか。当然、騒音の元である入居者と直接コンタクトをとり周囲の人の迷惑にならない程度の音量で音楽を聴くように説得します。こういった問題に始まり、各部屋の設備の故障や家賃の問題などなど・・問題を数え上げればきりがありません。しかし、これら細かいトラブルをコツコツと対処して経験値を積むことで立派な管理人へと進化するのです。

お金の切れ目が縁の切れ目となる?

家賃の滞納は大家が頭を悩ます問題となります。特に、運営者にとって直接的に利益と関係する部分なのでかなりデリケートな問題となるでしょう。人付き合いの範疇とも言える入居者と大家の関係。しかしお金の問題だけはなぁなぁで済ますわけにはいきません。毅然とした態度で家賃を収めて貰うよう忠告し、それでも家賃を滞納し続けるひとには最終手段として強制退去を命じることも考えておきましょう。金の切れ目が縁の切れ目とも言います。が、一期一会という言葉もあるので、なるべくなら入居者を信じて家賃を収めてくれるようお願いしましょう。

注目サイト

Last update:2015/3/16